成功するマンション投資セミナー » 儲けるためのマンション投資の基礎知識 » マンション投資の利益はキャピタルゲインとインカムゲイン

マンション投資の利益はキャピタルゲインとインカムゲイン

投資の利益は主に「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2種類に分けられます。

マンション投資ではどちらの利益も狙うことができますが、おすすめなのは「インカムゲイン」を狙うことです。

それぞれの利益の意味や特徴、インカムゲインを狙うことをおすすめする理由をご説明します。

キャピタルゲインとは資産売却による収益のこと

「キャピタルゲイン」は、保有する資産を売買することで得る利益、いわゆる売却収益のことです。

マンション投資の場合、マンションを購入→価格が上昇したときに売却することで発生する利益 を指します。例えば1,000万円で購入したマンションが1,200万円で売却できれば、差額の200万円がキャピタルゲインです。

インカムゲインとは資産保有による収益のこと

「インカムゲイン」とは、資産を保有することで得られる利益のことです。

マンション投資の場合 、建物を購入し第三者に賃貸し家賃収入を得ることで発生する利益を指します。例えば、家賃12万円で入居者に賃貸していれば、家賃収入の12万円がインカムゲインです。現在、マンション投資においてはこのインカムゲイン狙いでの投資が主流です。

マンション投資で狙うならインカムゲインがおすすめ

もちろんマンション投資ではキャピタルゲインを得ることもできますが、冒頭でも述べたとおり、おすすめなのはインカムゲインを狙うことです。

その理由をご紹介します。

キャピタルゲインは利益が不透明でリスクが高い!

キャピタルゲインは、うまくいけば大きな利益を得られるものの、その見通しは不透明です。一昔前、主にバブル時代は土地を保有していれば大きな価格上昇が期待できていたため、マンションを購入・売却してキャピタルゲインを得る手法は盛んに行われていました。

現在でも都内では不動産価格の上昇は見られていますが、そのエリアは限られているうえ、バブル時代ほどの勢いはありません。よほど立地や環境の良い場所のマンションでなければ価格の上昇は期待できないでしょう。

また、利益を得ることができるのも無事に売買できたときのみで、長期的な収入を得ることはできません。せっかくマンションを購入しても、購入価格以上で売却できるタイミングがない……、そうなれば大きな損失を抱えることになります。

インカムゲインは安定した収入を長期的に得ることができる

一方、インカムゲインは一度に得られる利益は小さいですが、マンションを保有している間は家賃収入による利益がずっと発生していることになります。また、家賃は物件価格のように大きな変動がありませんから、今後万が一景気が悪化したとしても得られる収益にさほど変化はないといえます。

インカムゲインなら、安定した収入を長期的に得ることができるのです。

インカムゲインは保有するだけで収益を生み出せる

もう一つのインカムゲインのメリットは「保有しているだけで利益を得ることができる」という点です。キャピタルゲインを狙う場合、当然常に物件の値動きを見ながら売却のタイミング見計らわなければなりません。初心者には特に大変でハードルの高いものといえるでしょう。

一方、インカムゲインは入居者さえ確保できれば、マンションを保有しているだけで利益を得ることができます。仕事や家事と両立して収益を生みだすこともできるのです。

大きな利益を狙って短期的な視点で見るのではなく、長期的に安定した収益を得ることができるかどうかを見極めることも重要です。

また、インカムゲインを狙うにしても、安定的な家賃収入を得るためには立地や環境など対象物件の選定も大切になります。

まずは当サイトでもご紹介しているマンション投資セミナーなどにも参加しながら、マンション投資に関する知識を確実に深めていきましょう。

ページの先頭へ