成功するマンション投資セミナー » 儲けるためのマンション投資の基礎知識 » マンション投資と他の不動産投資との違い!

マンション投資と他の不動産投資との違い!

マンション、戸建て、アパートなどを購入し、

  • それらの物件を貸し出すことで収入を得る
  • 価値が上がったときに売却して利益を得る

といったことができる「不動産投資」。

不動産投資は比較的簡単に、かつ低いリスクで始められますし、さらに節税対策にもなるというメリットがあります。そのため、不動産投資で副収入を得ている方も増えているのです。

ただし、一口に不動産投資と言ってもその種類は様々。今回は、特に人気の高い「マンション投資」とその他の不動産投資の違いについてご説明していきます。

不動産投資の中でもマンションへの投資が人気!

まずは、不動産投資の中でも人気が高い「マンション投資」から解説します。

マンションに投資するというと、一棟まるごと購入しなければいけないのかと考える方もいるかもしれませんが、一般的なのは「マンションの一室を購入して貸し出す」形です。

マンション投資の一番のメリットは、少ない予算でも始められるところ。ローンでマンションを購入しても、家賃収入が得られれば充分に返済することが可能です。

今後も需要が高まるワンルームマンションへの投資

マンション投資の中でも特に人気の高い物件が「ワンルームマンション」です。少子化や高齢化、晩婚化の影響でワンルームマンションの需要は今後も高まることが予想されます。

また、ワンルームだと管理費やリフォーム費が少額で済みます。不動産投資をお考えの方は、ぜひともワンルームマンションへの投資を検討してみてください。

ファミリーマンションはワンルームマンションに比べ高リスク

同じマンション投資でも、比較的リスクが高いとされる物件が「ファミリーマンション」です。管理費やリフォーム費、修繕費などがワンルームに比べ高額になる他、リフォームの工事期間も長くなりますので、その間入居者を募集することができないといった問題があります。

さらに少子化、高齢化などのためファミリーマンションの需要が少なくなっているのも理由の一つ。やみくもにファミリーマンションに投資するのは控えた方がよさそうです。

他の不動産投資についても見てみよう

それでは、マンション投資以外の不動産投資にはどんなものがあるか見てみましょう。

低予算だがリスクが高い戸建てへの投資

戸建て物件への投資は、比較的少ない頭金で始めることができます。1度ファミリー層に貸し出すことができれば長期的に収入が見込める点も、戸建てへ投資するメリットの一つ。

しかし中古の戸建てに投資する場合には、構造や築年数をよく確認しておくことが大切です。古い物件だと構造によっては改築ができない可能性もあります。維持費もマンションの一室に比べると高額になるため、リスクは高いと言えるでしょう。

初期費用はかかるが収入は安定しやすいアパートへの投資

アパートをまるまる一棟購入して家賃収入を得る「アパート投資」は、初期費用がかなりかかります。しかし複数の部屋を貸し出すことができるので、空室があってもある程度の収入は得られるところがメリットでしょう。

また、アパートを購入する際に土地も購入すれば、アパートがなくなったとしても土地を有効活用することができます。アパート投資においては特に、今後の見通しをしっかり立てて投資することが大切です。

マンション投資とその他の不動産投資の違い

上記のように、マンション投資は低予算で始められ、他の不動産に比べて需要が高く収入を得やすいというメリットがありました。

しかし、戸建ての不動産投資には長期的な収入を得やすい、アパートの不動産投資には空室のリスクを減らせるといったメリットがあります。 どの不動産投資が自分に向いているのか、今一度じっくり考えてみましょう。

ページの先頭へ