成功するマンション投資セミナー » 儲けるためのマンション投資の基礎知識 » マンション投資を始めるには初期費用はいくら必要?

マンション投資を始めるには初期費用はいくら必要?

マンション投資は一般人にはハードルが高いと感じている方も多いでしょう。しかし、意外にもそれほど資金を必要とせずに始められるのです。物件次第では大きな利益を上げられるかも。

ここでは、マンション投資にいくら初期費用が必要となるかを説明します。

 

マンション投資に必要な一般的な初期費用

マンション投資を行う場合、一般的にどれくらいの初期費用が必要なのか。ここではローンの比率、諸経費、モデルケースとして1,000万円の物件に対して必要な初期費用を計算しました。

マンション投資のために借入できるローンの比率

どれくらいのローンが組めるかは、その人の資金状況、仕事の状況によって異なりますが、多くの物件においてローンの頭金を30%ほど入れておけば収支が合うことが多いと言われています。銀行も30%の頭金を求めるケースが実際に多いです。

不動産投資の経験のない方の場合、100%ローンが認められない場合が多く、最低物件価格の20%の自己資金が必要となります。

諸経費は必ずかかる

物件を購入する際は、頭金以外に多くの諸経費が必要となります。

  • 不動産会社への仲介手数料(物件の価格の3%+6万円)
  • 不動産取得税(固定資産税評価額×2%)
  • 登記費用
  • 管理費
  • 修繕費積立金
  • 火災、地震保険料

もちろん、物件によって金額が変わりますが、諸経費は合計でだいたい物件価格に対して、8~10%の金額が必要です。

1,000万円の物件で必要な初期費用は?

では、具体的に1,000万円の物件を購入したとして、いくら初期費用を用意すべきか計算してみます。

最低物件価格の20%(200万円)+諸経費(8~10%)= 280〜300万円

自己資金は物件に対し、少なくとも28〜30%は必要で、1,000万円の物件なら全体で280〜300万円の自己資金が必要です。

頭金なしでも、経験なしでも、マンション投資を始められる?

上記のように、通常銀行は初心者のマンション投資となると、30%ほどの自己資金を求めるのが普通です。しかし、頭金0円からマンション投資が始められる!そんな宣伝文句を目にしたことがある方もいるでしょう。

どうすれば頭金0円からマンション投資を始めることが出来るのでしょうか?

住宅ローンを利用する

収益物件としてのローンの基準は厳しいですが、現在住宅ローンの基準は甘く、フルローンでマイホームを購入する方は少なくありません。

年収、勤務年数、勤務先といった条件が整えば、諸経費までローンに組むオーバーローンも可能です。ただし、もう1つ他に住宅ローンがないことが条件です。

セカンドローンを利用する

セカンドローンは既に1件住宅ローンを組んだ上で、もう1件住宅を購入したい場合、利用できるローンです。ただし、セカンドローンにはもう1件の住宅を購入するためにしかるべき理由が必要となります。

キャッシュフローが安定しやすい物件を探す

頭金0円の場合、多額のローンがありますから、家賃収入が入ってこない場合、大きなリスクを負うことになります。そのため、キャッシュフローが安定しやすい物件を選ぶことが大切です。

割高になりやすく、空き室になるリスクの高い新築のワンルームは避け、立地の良い、比較的安く購入できる中古マンションを購入し、安定して賃料が入るようにしましょう。

投資にリスクはつきものですが、不動産投資は初期費用がなくても現在の収入を何倍にも増やせる可能性があります。1つの可能性として考えてみてはいかがでしょうか。

ページの先頭へ