成功するマンション投資セミナー » 動向・ニーズから探る!マンション投資のタイプ別 選び方 » 新築 VS 中古

新築 VS 中古

不動産投資に悩む夫妻

投資目的で購入できるマンションには新築と中古がありますが、それぞれどのような特徴があるのでしょうか?基本的には新築への投資を勧められる事が多い中、敢えて中古を選ぶことで得られるメリットもあります。ここではそれぞれの物件が持つ特徴を見ていきましょう。

新築と中古マンション投資物件、どちらがおすすめ?

新築マンションと中古マンションで大きく異なるところといえば、もちろん耐用年数ですよね。当然ですが、新築のほうが設備は新しいですから耐用年数も長く定められています。ちなみに、マンションの耐用年数は建材によって異なり、以下のように定められています。

  • RC造(鉄筋コンクリート) 47年
  • 重量鉄骨 34年
  • 木造 22年
  • 建物付属設備(給排水・衛生・ガス等) 15年

これを過ぎる、またはこれに近い年数が経過した物件は、何かしらのリフォームや、設備の大幅な入れ替えが必要な状態になっているので、思いがけない修繕費が発生する場合があります。

また、2000年4月に施行された法律で「住宅の品質確保の促進などに関する法律」というものがあります。これは、住宅の強度、耐久力を高めることで欠陥住宅を解消しよういう国が定めた住宅の基準です。

この法律が施工された後の物件と以前の物件とでは、品質に大きな開きがあり、耐用年数の評価にも深く関わってきます。耐久力のあるマンションはわずかな修繕のみで長く資産として活用できますから、中古物件を選ぶにしても法律制定後に作られたものを選ぶようにしましょう。

利回りの面でも大きな違いが出てきます。中古マンション物件は価格が安い分、新築マンションよりも利回りが高い(ローン返済が早く終わるため、不労所得を早い段階で受け取る事ができる)ため、単純に利回りだけを比較してしまうと中古マンションを選びがちです。
ですが中古マンションの場合には、居住者が入れるようにリフォームが必要になったり、先ほども述べたように設備の大幅な修繕が発生する場合もあります。そのあたりの経費をきちんと計上した「実質利回り」で物件を選んだほうがいいでしょう。

それでも同じ年収で新築と中古マンションの購入を想定して計算した場合、最終的な収益では中古マンションのほうが多く収益が得られることもあります。

どちらが良いかは紹介された物件の条件次第、単純に中古より新築のほうがいい、とも言い切れませんので、注意が必要です。

以下の表で簡単に新築と中古マンションの物件のメリットとデメリットについてまとめてみましたので、ご覧ください。

  新築投資物件 中古投資物件
メリット 長期間の空室保証を受けることができる
売却による収入を得られる
税制上のメリットが大きい
安価である
高い利回りの物件が得られる
賃貸実績があるので、空室リスクの低い物件を選べる
デメリット ×購入価格が高い
×競争力が高い
×融資を受けにくい物件がある
×税制によるメリットが少ない

それでは、新築と中古のマンション投資物件のメリットやデメリットについてもう少し深く掘り下げてみましょう。

新築のマンション投資物件のメリット&デメリット

  • メリット
    (1)長期間の空室保証を受けることができる
    マンション投資を行う時のリスクとしてもっとも大きなものが空室リスクです。このリスクヘッジとして「サブリース(管理会社が空室期間の家賃を補填してくれる)」がありますが、この制度を使えるのは基本的に新築のみ。安定した家賃収入の確保のためには欠かすことができません。
    (2)売却による収入を得られる
    ある程度の収益を見込めた物件は、売却することでさらに収益を得ることができます。新築の場合、耐震構造などの法律基準を満たしたものであるため、高い売却益を見込めます。
    (3)税制上のメリットが大きい
    節税対策を行っておけば、サラリーマンの方でも年に10~120万円ほどの節税効果を期待することができます。また、相続税対策にも高い効果を発揮してくれます。
  • デメリット
    (1)購入価格が高い
    近年の新築マンションの需要は非常に高く、タイミングによっては割高になる可能性があります。
    (2)競争力が高い
    好立地の新築マンションになると、競争力が激しくなるので、思うような物件を確保しづらい傾向にあるようです。

中古のマンション投資物件のメリット&デメリット

  • メリット
    (1)安価である
    新築だと5,000万円以上もする物件ですが、評価額は年々下がっていくものです。そのため、中古であれば半分ほどの価格で手に入れることができます。
    (2)高い利回りの物件が得られる
    利回りが高い物件が多いので、安定よりも収益を重視した投資を考えている場合には、中古物件のほうが向いている場合があります。
    (3)賃貸実績があるので、空室リスクの低い物件を選べる
    中古物件が新築物件に比べて圧倒的に勝る部分が実績。賃貸実績が良好な物件であれば、空室リスクを抑えることができます。
  • デメリット
    (1)融資を受けにくい物件がある
    金融機関からの評価では、中古物件の場合には融資額が70%ほどが上限とされている場合が多いため、満足な融資を得られない場合があります。残りの費用は自己負担となるため、所有するに当たってある程度の貯蓄が必要です。
    (2)税制によるメリットが少ない
    すでに以前所有していた方が滅価償却を終えている物件のため、経費として算出できる費用が新築よりもかなり少なくなり、節税効果もあまり期待できません。

新築と中古マンション投資物件、おすすめポイントは?

ここまで、新築マンション・中古マンションの投資物件としてのメリット・デメリットを見てきました。それぞれの特徴についてご理解いただけたと思いますが、さらに詳しく見ていきましょう。

投資物件を選ぶ際には、多種多様な視点や条件から探していくことになります。ここではさまざまなキーワードをもとに新築マンションと中古マンションを比較しながら、おすすめポイントについて紹介していきます。

インフレヘッジ効果

インフレーションによって貨幣価値が下がると、現金で保有していた資産は目減りしてしまうことになります。そのため、インフレが起こったときに価値が上昇するものに投資を行ってリスク回避することを、インフレヘッジと呼びます。

マンション投資は、インフレヘッジ効果が期待できることでも知られています。では、新築マンションと中古マンションでは、インフレヘッジ効果にどのような差があるでしょうか。

中古マンションの場合、経年劣化などによって資産価値が下がっていくことが考えられますので、インフレヘッジという点からすると少々弱いです。その一方、新築マンションは資産価値が上昇することも十分に考えられますので、インフレヘッジ効果が期待できます。

以上のポイントから、インフレヘッジ効果という観点では新築マンションのほうがおすすめと言えます。

デザイン性

デザイン性という面から見るとどうでしょうか。一般的には、新しいマンションは時代に合ったデザインや機能性を兼ね備えていることから、中古マンションよりも人気が高い傾向にあります。そういった視点から見てみると、新築マンションのほうが投資物件としておすすめだと言えます。

しかし、例外もあります。こだわりのあるデザイナーズ物件の場合、そのデザイン性に惹かれて入居を決める人がほとんどです。立地など他の条件よりもデザイン性を重視して選ぶケースでは、一度入居すれば長く住み続ける傾向にあります。つまり、安定した収益が見込める物件と言うことができます。

デザイナーズ物件など趣味嗜好に強く影響されるような物件の場合は、中古マンションでも十分におすすめできると言えます。

好立地

立地という視点からマンション投資を考えてみましょう。駅から近い、利便性がいいといった好立地物件は、言うまでもなく人気が高いです。これは新築、中古のどちらにも共通することです。

人気の好立地物件ともなれば、新築マンションの場合の購入価格はかなり高くなります。価格が高い上に競争率も高くなりますので、狙い通りの物件を必ず手に入れられるとは限りません。

一方、中古マンションの場合は、新築に比べて販売価格が下がります。しかし、好立地にある物件であれば中古でも変わらない人気がありますので、安定した収益を十分に見込めます

好立地の新築マンションはもちろんおすすめですが、中古マンションの人気も高いと考えられますので、空室のリスクは抑えられると言えます。中古マンションでも、好立地であればおすすめです。

空室リスク

マンション投資を始める場合、気になるのはやはり空室リスクです。リスクヘッジのため、空室期間の家賃の補填するサブリースを利用したいところですが、中古マンションの場合は基本的にサブリースが使えません。その点では、新築マンションのほうがおすすめだと言えます。

では、中古マンションでは空室リスクに対処できないのでしょうか。実はそうとも言い切れません。

中古マンションの場合、これまでの賃貸実績を知ることができます。長年、賃貸実績が良好な物件であれば、今後の空室リスクも低いと予想できるでしょう。逆に賃貸実績が悪い物件の場合は、よほど条件が変わらない限りはリスクが減るとは考えにくいです。

このように、中古マンションでは過去の実績から空室リスクをはかることができます。その点からすれば、中古物件でも十分におすすめと言えるでしょう。

まとめ

新築マンションの「融資が受けやすく、空室リスクを回避する手立てが存在する」という点は不動産を購入する上でかなり大きなメリットとなりますが、購入価格の壁はもちろん高いものです。

中古マンションでは物件次第で、大きな収益を得ることができる可能性を秘めています。ある程度年数が経過してしまったものは新築より早い段階で修繕費が必要になること、高い運用能力が必要になることから、経験の浅い投資家にはあまりおすすめできません。

そこで、築浅中古物件が出てきます。

築浅の中古物件の場合はほぼ新築同様の状態で入手でき、まだまだ需要もあるにも関わらず価格が下がっているものがあります。中古を狙うなら、こういった物件を中心に取り扱う投資会社を見つけることで良い取引ができるでしょう。

ちなみに、投資対象として「アパート経営」と「マンション経営」では、どのような違いがあるのか?という質問は意外と多く寄せられるので、ここで回答しておきましょう。

確かに傍から見るとどちらも同じような集合住宅ですが、大きな違いとしてはマンション経営では一部屋単位で購入・運用ができるので、資金を抑えることができます。それに対して、アパート経営の場合には一棟買い(土地+建物)が基本であり、一部屋のみを所有するといった投資は存在しません。そのため、投資額がとても高くなってしまいます。空室リスクも全ての部屋に対して考えなければならないので、万が一入居者が現れなかった場合はかなりの痛手となってしまうのです。

アパート経営の場合、資産形成の面では建物を取り壊しても土地が残るというメリットもあります。そのためアパート経営が厳しくなってきたら別目的としても使用することができますが、サラリーマンや初心者が行う投資としては、リスクが高いと言わざるを得ません

中古・新築のおすすめマンション投資セミナー

マンション投資について「もっと詳しく知りたい!」という方は、企業が開催している投資セミナーに参加してみるといいでしょう。

投資物件を取り扱う会社の多くでは、投資を考えている方を対象にしたセミナーを開催しています。マンション投資に関するさまざまなテーマが用意されていますので、自分に合ったセミナーを見つけることができます。

たとえば、女性、公務員、サラリーマンなど性別や業種別のセミナー、また、管理運営、空室対策、税金対策など1つのテーマを掘り下げるタイプのセミナーなど、多様なテーマで開催されています。さらに、同じテーマでも初心者向け、上級者向けなど内容が段階別に別れていますので、自分にあったタイプのセミナーを選ぶことができます。

ここでは、新築マンションや中古マンションに関するおすすめの投資セミナーを紹介していきます。このようなセミナーは多くの企業で開催されていますので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

新築マンション投資セミナーのおすすめ業者

FJネクスト

FJネクストは「ガーラマンションシリーズ」でおなじみの業者で、新築物件の取り扱いで知られています。投資セミナーの講師は、長年コンサルに携わっている同社スタッフ。またセミナー内容によっては、社外から専門家を講師として招くこともあります。少人数制できめ細かい内容となっています。

都心を中心に自社マンションを供給する同社だからこそ信頼も厚く、開催されるセミナーも高い人気を誇ります。投資セミナーの一部を紹介します。

  • 【ミニセミナー】60分で分かるマンション経営<入門編>
  • 【初級編】マンション経営で生活支出の見直しを!

[東京都民銀行共催セミナー]

1部 金融マーケット環境と投資信託(三菱UFJ国際投信株式会社)

2部 「不動産投資入門」~はじめての不動産投資~(自社)

[会社概要]

会社名 株式会社FJネクスト
代表取締役 肥田幸春
所在地 東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー11F
設立年月日 昭和55年7月
おもなセミナー開催都市 東京

中古マンション投資セミナーのおすすめ業者

サークフルエステート

サークフルエステートは、築浅を始めとした中古物件を得意とする業者です。投資セミナーでは、ファイナンシャルプランナー、宅建、住宅ローンアドバイザーの資格を持った同社の専務が講師を務めます。不動産・税金・保険のプロとしての目線から、満足度の高いセミナーを開催しています。

投資セミナーは東京、横浜、名古屋、大阪、福岡など、全国各地で開催されます。同社の代表的な投資セミナーには次のようなものがあります。

平日アフター6特別コース(90分)

「年金や社会保障を考える」

「新築?中古?失敗しない不動産投資とは何か?」

「入居者が入らない物件の本当の理由とは」

休日コース(110分)

「年金不足に大増税!将来の生活資金を考える」

「どんな不動産に投資したら成功するのか」

[会社概要]

会社名 株式会社サークフルエステート
代表取締役 古川國博
所在地 東京都品川区西五反田1-11-1 アイオス五反田駅前701号室
設立年月日 平成23年8月1日
おもなセミナー開催都市 東京、横浜、名古屋、福岡

ページの先頭へ