HOME » 動向・ニーズから探る!マンション投資のタイプ別 選び方

動向・ニーズから探る!マンション投資のタイプ別 選び方

このカテゴリでは、さまざまなマンション投資の動向や市場の動き、投資者のニーズなどを細かくみて、どのタイプのマンション投資が一番利益を得られるのかを検証していきたいと思います。物件選びで悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください

どのタイプのマンション投資をするのが安全かを考える

投資は将来の安定のため、今ある貯蓄の有効活用、積極的な資産運用などを目的として行います。その中でも、不動産投資は安定性が高い投資として人気です。

その理由が、

  • 投資している商品が明確である
  • 時間の経過とともに投資資金が回収できる
  • 価値がゼロになることはほぼない
  • 将来自分がそこに住む事もできる

基本的には家賃収入で運用する形のため、投資する対象はオフィスビルやマンション。面積が広いほど価格は高くなるため、低価格で投資をするには居住用マンションがオススメです。

しかし立地条件・建築状況はさまざまあるため、どんな物件を選べば順風満帆な運用に繋がるのかは、初心者にはなかなか判断が難しいところです。そこで、ここではいろいろな比較条件の下、どういったマンション投資物件が安全に資産運用できるのかを検討していきます。

地方 VS 都会

都会画像地方と都心部のマンション投資では、物件を取り巻く環境が大きく変わってきます。各地域の情勢まで行くと複雑になってしまうので、地方と都心部の人の流れをしっかりと把握することで、どちらの物件に投資をすれば成功に近づけるのかが見えてきます。

そこで、ここでは地方と都会でマンション投資する場合のメリット・デメリットをしっかりと解説。これを知っていると、目先だけの情報に惑わされず将来的にしっかりと資産になる物件を見極める事ができます。

地方VS都会について詳しく見てみる

新築 VS 中古

新築と中古という条件の違いは不動産投資をする上でどれほどの差が出るのでしょうか?新築は初期費用がかかり、中古はメンテナンス費用がかかるというのは周知の事実ですが、実は2000年の4月に施工された、建物の安全基準を定めた法律を知っているかどうかで、中古マンションでも極力メンテナンス費用を抑えて安定運用が可能なのです。
また、よく質問が出る「マンションとアパートの投資の違い」についても解説しています。どちらも賃貸なところは同じですが、そもそも全く別物なので注意しましょう!

新築VS中古について詳しく見てみる

ファミリータイプ VS ワンルームタイプ

マンションには家族で生活できる3~4LDKのファミリータイプと、一人暮らしが基本とされている1R~1Kのワンルームタイプがありますね。どちらも投資物件として売り出されてはいますが、投資家からの需要が高いのは圧倒的にワンルームタイプなんです。どちらにもメリット・デメリットがありますが、ワンルームにはリスクの少ない安定した資産運用ができるポイントが揃っています。

ファミリータイプVSワンルームタイプについて詳しく見てみる

一棟 VS 区分

マンション投資では「まるまる一棟を所有する」こともできますし、「一部屋だけを所有する」こともできます。ですが、マンション一棟(建物+土地)を購入するためには当たり前ですがかなりの初期費用が必要ですし、ある程度の運用ノウハウを持ち、リスクヘッジもしなければなりません。資金の少ない初心者にはかなり高いハードルと言ってよいでしょう。
「一棟所有が夢!」という方も、まずはローリスクの区分所有から初めて、将来的な目標として一棟所有を目指していく道を推奨します。

一棟VS区分について詳しく見てみる

結論!一番リスクの少ないマンション投資は?

一口に「居住用マンション」といっても上記のようにさまざまな条件があります。マンション投資は少額から始められるとはいえ、それなりの金額が動くため、どんな物件を選べば投資を成功させられるのか迷って決められない方も多いはず。
投資初心者は初めからアグレッシブな運用をするより、まずは安定した運用をして経験を積むべきです。なるべくリスクの少ない、安全な条件を選びましょう。それに加えて、信頼できるパートナー会社を見つける事が成功への最短ルートです。ここではリスクを少なく運用するコツを紹介しています。

一番リスクの少ないマンション投資について詳しく見てみる

ページの先頭へ