成功するマンション投資セミナー » マンション投資の成功・失敗事例からわかる稼ぎ方 » マンション投資の失敗例「サブリース停止で」

マンション投資の失敗例「サブリース停止で」

サブリース契約にかんするトラブルでマンション投資がうまくいかなかったサラリーマンEさんの失敗例を紹介していきます。

サラリーマンのマンション投資失敗例:サブリース編

手数料を惜しんでマンション投資を行ったサラリーマンEさん。その失敗事例について見ていきます。

人購入からしばらく

もともと不動産投資に興味があり、ある程度の知識はもっているわたしは、家族に資産を残せればと考えて、金融機関でローンを組んでワンルームマンションを購入することにしました。

当初はサブリース契約(借り上げ契約)を結んでおり、空室でも家賃が振り込まれており順調だったので、この状態が続けば、年金が需給される年にはローンが完済できて、そのまま家賃収入が年金の代わりになると思っていました

管理体制の変更をすると

マンションを運用後しばらくして、インターネットや本などで独自に勉強していると「サブリース契約をやめて一般管理に変更すれば、手数料の負担がなくなり、収入が増える」という記事を目撃しました。

私はその記事を鵜呑みにして、サブリースを勧めてくれた営業担当の方を振り切り、記事どおりに一般管理に切り替えることにしました

じつはこの浅はかな思いこみが失敗の原因でした。これまで入居者が入れ替わると、その都度リフォーム代やクリーニング代がかかっていたのですが、直接的な負担がありませんでした。じつはそれはサブリース契約のおかげだったのです。

契約を解除したことでそれらの支払いをする羽目になり、さらに空室期間は家賃収入がゼロ。完全に当初の予定は崩れていきました

その後のマンション運用は?

現在では、完全にマンション経営に行き詰まってしまい、マンションを売却する羽目になってしまいました。これまで入居者とはトラブルがなかったので、安心していたのですが、じつはサブリース会社がきちんとしたサポートしてくれていたのです。

今では、目先の手数料を惜しむばかりに浅はかなことをしてしまったと悔やまれてなりません。今後再びマンション投資を行う時には、きちんとサポート体制のことを考慮にいれておこうと心に決めました

ページの先頭へ