成功するマンション投資セミナー » マンション投資の成功・失敗事例からわかる稼ぎ方 » 成功例2:マンション投資で節税できた

成功例2:マンション投資で節税できた

このページでは、節税対策でのマンション投資をはじめたBさんの成功例を紹介していきます。

マンション投資の成功例:節税対策編

節税対策のためにマンション投資をはじめた公務員のBさん。その成功例の体験談を聞きました。

人マンション投資をはじめたきっかけ

公務員というと収入が安定しているという印象をもたれがちですが、じつは昔ほど安定しているわけではありません。現に、私の収入は少しずつ減っていっているのが実状です。

そして近年の社会情勢をみていくと、退職後に当てにしていた年金も満足にもらえるのかがどうしても不安になり、個人年金を積み立てて、将来のために備えたいと思うようになりました。

そんなときに、何気なくインターネットを見ていたら、ある会社が紹介しているマンション経営の情報に目が止まりました。不動産投資に関してはまったく知識がなく、参考程度に無料の資料とDVDを送付してもらうことにしました。

やがて内容に興味をもった私は、その会社が開催しているセミナーに参加。個別相談ではメリットやデメリットに関してもわかりやすく、丁寧に教えてもらえたので、思い切ってマンション経営をはじめようと決意しました。

なかでももっとも興味を感じたのは節税効果です。本職は公務員であるため、収入でほぼ税額が確定します。マンションを所有することで、運営にかかった経費を計上できるというのも大きな魅力となりました。

投資をするために起こした行動

私の担当になったOさんには大変お世話になりました。投資をしたいとOさんに相談すると、「物件は災害などに影響を受けにくい構造のものを選ぶといいですよ」と教えてくれたり、ときには気になった物件の地域の断層などの写真も手に入れて、丁寧に対応してくれました。

購入したあとも、入居者が不満にならない工夫などを教えてもらったり、サブリース契約などの手続きを教えてもらえるなど、今でも大変お世話になっています

実際にワンルームマンションを購入してみて

頭金を入れて物件を手に入れたので、現在は、プラス収入になっており、確定申告をして所得税の還付金や住民税の減額金などを見るのが非常に楽しみです。

計算では、節税効果がなくなっているころにはローンが完済しているので、老後に何をしようかと考えを巡らせている毎日を過ごしています。

ページの先頭へ