成功するマンション投資セミナー » マンション投資の成功・失敗事例からわかる稼ぎ方

マンション投資の成功・失敗事例からわかる稼ぎ方

せっかく資金をはたいていマンション投資をしても、空室が続いてしまうと安定収入を得ることは出来ません。 実際に成功した人・失敗した人それぞれの事例から、どのような物権を選んで投資・運用すればリスクを極力少なく出来るのか、学んでいきましょう。

マンション投資の成功・失敗事例にヒントあり

マンション

数ある投資商品の中でも、比較的リスクが少ないといわれている資産運用法が、物件を購入して家賃収入を得る「不動産投資」です。

そんな不動産投資の中でも「マンション投資」は少ない資産・初期費用で運用ができると注目されていますが、それなりのリスクもあります。中でも一番リスクが懸念されるのは、「購入した部屋に借り手がつかない間は収入がゼロになる」ということ。

もしローンで物件を購入して家賃収入を返済に充てていた場合、空室期間は自腹を切って返済をしなければなりません。この期間が続けば続くほど、せっかくの投資がマイナスになってしまいます。

そういったさまざまなリスクを学ぶためには、ハウツー本もそれなりに役に立ちますがいまいちピンと来ない…やはり実際に成功・失敗を体験した先輩の話を聞くのが一番でしょう!

ここでは実際にマンション投資を行って成功した例とともに、失敗してしまった方たちの事例もあわせて紹介しています。

【成功】リスクの少ないワンルームマンションを選んで安定収入をゲット!

ファイナンシャルプランナーである友人から、リスクの少ない投資としてワンルームマンションへの投資を勧められた30代男性のAさん。

紹介された不動産会社の営業マンから物件の選び方を教わり、立地の良い物件を見つけることができたため、東京都内のワンルームマンションを購入しました。

空き家対策や、クレーム対応など入居者とのやり取りはマンション管理会社に任せることにしたため、実質何もしないまま大家さんとして定期収入を得ています。

物件選びのサポートをしてくれた不動産会社と協力し、焦らずじっくりと良い物件を探したことが成功の元でしょう。

最寄りからのアクセスや立地などを考慮して、条件の良いワンルームマンションを見つけることができれば、低リスクで安定収入の仕組みを作ることができます。

>>ワンルームで安定収入をゲット

【成功】公務員の税金対策として、マンション投資で節税

副業ができない公務員が、節税対策としてマンション投資を始めました。安定した職業というイメージがある公務員のBさんですが、実際は少しずつ収入が減っていることに不安を感じていました。

少しでも将来に備えようと個人年金についてインターネットで調べていたところ、マンション投資のページが何気なく目に留まり、無料の資料請求をしてみることにしました。

興味を持ったBさんはその後、投資会社のセミナーや個別相談に申し込んで、マンション投資のメリットもデメリットも理解できるようになりました。

もちろんリスクがゼロではないものの、節税対策としてかなり効果的なことに魅力を感じたBさんはマンション投資に踏み切り、所得税が還付されたり、住民税が減額されたりというメリットを得ています。

不動産購入に際して担当となった営業マンとよく相談して物件選びを進めことが、成功の秘訣と言えるでしょう。

災害に強い建物を選ぶだけでなく、断層写真も調べるという念の入れようでした。マンション購入後も、入居者のフォローに関してアドバイスを受けるなど、助けられているとのことです。

>>マンション投資で節税できた

【失敗】利回りだけで決めたら修繕費が数百万…

不動産投資で重要なのは利回りの高さだと考えたCさん。以前から興味を持っていたため、過去の実績として高い利回りの物件をセミナーで勧められた時にすぐに飛びついてしまいました。

20%以上の利回りは珍しいもので、ローンを組んでも十分な収入を期待できると考えたCさんは、勧められるままにその物件を購入し、マンション経営を開始することにしました。

順風満帆のスタートを切ったと思われたマンション経営でしたが、いざ始まってみると毎月2万円の赤字。ローンの返済と経費が予想以上にかさみ、高い利回りをもってしてもカバーしきれなかったのです。

しかもマンションがだんだん古くなっていくためか、空き家になった部屋になかなか次の入居者が入らないという悩みもでてきました。極めつけは東日本大震災です。

なんと旧耐震基準で建てられたマンションであったため、建物にはヒビが入り、修繕にはさらに数百万かかるとのこと。物件の状態を確認せずに購入を決めてしまったため、厳しいマンション経営をすることになってしまったのです。

 

>>利回りの高い中古物件に大きな罠

【失敗】目先の収入に気をとられ、サブリース契約を切ってしまった

購入したワンルームマンションを、サブリース契約を結んで経営していたEさん。年金受給の歳になるころにはローンの支払いも終わる予定で、堅実な不動産投資ができていました。

その後も独学で投資について勉強していたところ、サブリース契約を止めればその分の手数料を支払う必要がなくなり、収入が増えるという記事を見つけました。

少しでも収入をアップさせたいと考えたEさんは、サブリース契約を解除し、自ら管理する方法に切り替えたのです。

これで管理会社に払う手数料がなくなるため収入が増えると考えたEさんでしたが、実際は入居者が入れ替わるたびに必要になるリフォーム費用の支払い、空室の間の家賃収入減により、だんだん収入が下がっていったのです。

しかもこれまでサブリース会社が対処してくれていた入居者とのトラブルにも対応しなければならなくなり、経営が行き詰ったEさんは、最終的にマンションを売却することになってしまいました。

>>サブリースをやめたら空室に

【経験談】細かな調査・業者との信頼関係構築が成功のカギ

地方のマンション投資で成功するためには、信頼できる業者を選び、業者から信頼される投資家になるための努力が必要です。

また、近くに大学や工場などがあっても、いつ移転や閉鎖があるかわからないので、特定の需要が見込めるという理由だけで投資を決めるのは要注意

都心のマンション投資では、立地条件を含めた入念なリサーチが必要となります。業者からの情報だけに頼らず、自分で調べる姿勢も忘れないようにしましょう。

>>地方と都心のマンション投資経験談

大切なのはパートナー会社選び

不動産投資というものは、よほどのプロフェッショナルでもない限り、一人で運用を行っていくことはまず不可能です。なぜなら、投資家本人が個人で努力できる範囲には限界があるから。

いくら個人で投資物件の環境を整えたとしても、大手の媒体などに頼らなければ、物件の良さをアピールすることすら叶わないのです。

しかもマンション投資を志す方はたいていが不動産投資初心者ですから、購入したは良いものの何をしたら良いかわからない…というケースも。そんな時に頼れるのが、さまざまなアドバイスやサポートをしてくれる「パートナー会社」の存在です。

パートナー会社は数多くの不動産投資物件を手がけている、投資のプロ。たくさんのノウハウ・ハウツーを持っており、マンション投資をするならば欠かせない存在です。

たいていの投資物件はこうしたパートナー会社を介して購入するので、投資物件を所持している方の多くは自然とパートナー会社と連携して運用をしています。

しかし、パートナー会社の中には「物件を売りつけるのは得意だが、運用に力をいれていない」「空室が出た際のリスクヘッジが甘い」「トラブル時のスタッフ対応が良くない」など、投資運用にふさわしい能力を持ち合わせていない会社もあるのが現実です。投資物件の資料からは、残念ながらパートナー会社の詳細はまったくわかりません。

では、どうやって良いパートナー会社とめぐり合えば良いのか?実は頼りになる「パートナー会社」探しに最適な場が投資セミナーなのです。

「わかりやすいセミナーを開催しているか?」
「スタッフがどんな対応をしてくれるのか?」
「購入や増資の無理強いをしてこないか?」
「質問した内容に明確な答えを出してくれるか?」
「メリットばかりでなく、デメリットも説明してくれるのか?」

などのポイントをチェックすることで、その会社の対応傾向が見えてきます。少しでも「あれ?」と感じる点があったなら、そのパートナー会社は避けておいたほうが賢明です。

マンション投資を始めたら、パートナー会社とは長い付き合いになると思いますので、「ここなら自分の資産を預けても大丈夫」と確実に思える会社にめぐり合うまで、とことんセミナーに参加してみましょう。

皆様に、良い「パートナー会社」との出会いがありますように!

ページの先頭へ